全国労働金庫労働組合連合会は、全国の労働金庫と関連会社に働くすべての労金労働者の生活と権利の向上、暮らしの安定、労働金庫事業の発展のために活動しています。

qrcode.png
http://www.zenrokin.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
全国労働金庫労働組合連合会
〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町1-11
淡路町MHアネックス3F
TEL.03-3256-1015
FAX.03-3256-1045
597372
 

第34回沖縄平和行動開催報告

 

第34回全労金・労済労連沖縄平和行動を開催!

第34回全労金・労済労連沖縄平和行動を開催!
 
【1日日(5月14日)】
 
 沖縄県那覇市他において、全労金27名(沖縄労組25名、全労金2名)、労済労連10名が参加して開催しました。なお、今年は新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、現地組織のみの参加とし、例年3日間のスケジュールを2日間に短縮しての開催となりました。
 内容は、(1日目)①全労金・労済労連沖縄平和行動出発式、②ピースアクション2022復帰50年5.15平和行進、③戦跡巡り・米軍基地視察、(2日目)④5・15平和とくらしを守る県民大会、⑤総括集会、でした。
 ①沖縄県労働金庫本店前にて全労金・労済労連沖縄平和行動出発式が開催されました。実行委員長の三谷全労済労組沖縄分会長より挨拶があり、産別役員紹介として全労金・小寺副委員長と谷内田書記次長、労済労連九州支部・松尾書記長が紹介されました。その後、山城沖縄労金労組青年部長から基調提起を受け、平和行進会場に向けて出発しました。
 ②宜野湾市民会館から八重島公園(沖縄市民会館隣り)まで約 8.7kmの「ピースアクション2022復帰50年5.15平和行進」を実施しました。雨が降る中で雨合羽を着用しての行進となりましたが、実行委員会の水分補給等のサポートもあり、全員が八重島公園に到着することができました。
 
 
 ③戦跡巡り・米軍基地視察では、初めに読谷村(よみたんそん)の「チビチリガマ」を訪れました。ガイドの方より、1945年4月2日(アメリカ軍の沖縄本島上陸の翌日)に、日本軍から強要された集団自決の様子や、チビチリガマの前に平和の像が建立された経緯等について説明を受けました。また、「戦争には色、匂い、味があると言われている。戦争による惨劇が起こった場所に来ることで感じることがあると思う」と話がありました。
 続いて、隣接する嘉手納(かでな)飛行場が一望できる「道の駅かでな」の展望フロアを訪れました。実行委員より「嘉手納町の町域面積の約82%を米軍基地が占めている」「米軍機が離着陸を行うため、住民が日常的に騒音に晒されている」等の説明がありました。なお、展望フロアには騒音計が設置されており、米軍機の離着陸時には 110㏈(2m以内での自動車のクラクション音程度)を超える場合もあるとのことでした。
 最後に、沖縄戦で最大の激戦地となった「嘉数(かかず)高台公園」では、実行委員がガイドとなり、「陣地壕(日本軍が陣地を構えるために掘った軍専用の人工壕)」や「トーチカ(ロシア語で「点」や「拠点」を意味する軍事用語で、防御の中心となる陣地)」の跡地、「京都の塔(京都府出身の将兵の慰霊碑)」の前で説明を受けました。展望台からは市街地に隣接している普天間基地も見られ、危険な状況が窺い知ることができました。
 
【2日目(5月15日)】
 
 那覇文化芸術劇場なはーと大劇場にて「5・15平和とくらしを守る県民大会」が開催され、県内・県外から約 1,000人が結集しました。主催の上原邦夫共同代表は、沖縄の経済発展が米軍基地によって阻害されていると述べ、「再び沖縄が戦場にならないようみんなで声をあげ続けましょう」と訴えました。
 その後、フォーラム平和・人権・環境の藤本共同代表等からの連帯挨拶、平和行進団報告等があり、大会宣言では「県民大会の参加者一同は、基地のない沖縄、平和な日本、戦争のない世界をつくるために力を尽くすことを、全国の、そして世界の友人に誓います」と締めくくられました。
 
⑤総括集会(沖縄県労働金庫本店3階会議室にて開催)では、三谷実行委員長、産別役員挨拶の後、参加者からの感想が報告されました。報告では、「自分は内地の大学に進み、大学では沖縄を海がきれいで楽しいところと周りの友人に伝えていたが、平和行動に参加して、沖縄が戦争で悲劇が起こった場所でもあることを思い知らされた」「沖縄の歴史は学校で教わって知ったつもりだったが、実際に戦跡を巡って話を聞くことで知ったことも多く、平和への思いが深まった」等と、想いが共有されました。
 続いて、安次嶺書記長から「6組織平和の横断リレー」の趣旨説明がされ、沖縄平和行動への思いを述べた後、広島・長崎へのバトンが繋がれたことを確認しました。
 最後に漢那委員長から総括があり、山城青年部長による「がんばろう三唱」により沖縄平和行動の全日程を終了しました。
 
 
 
 
平和行進集合場所(宜野湾市民会館)
 
平和行進
 
平和行進終了後の集合写真
 
道の駅かでな展望フロアからの景色
 
嘉数高台公園(陣地壕)
 
嘉数高台公園(トーチカ)
 
嘉数高台公園(京都の塔)
 
県民集会
 
総括集会(三谷実行委員長挨拶)
 
総括集会(感想発表)
 
総括集会(組織平和の横断リレー)
 
総括集会(がんばろう三唱)
<<全国労働金庫労働組合連合会>> 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-11 淡路町MHアネックス3F TEL:03-3256-1015 FAX:03-3256-1045