全国労働金庫労働組合連合会は、全国の労働金庫と関連会社に働くすべての労金労働者の生活と権利の向上、暮らしの安定、労働金庫事業の発展のために活動しています。

 

止めよう!改憲発議11・3国会前大行動

 

「止めよう!改憲発議―この憲法で未来をつくる11・3国会前大行動―」

「止めよう!改憲発議―この憲法で未来をつくる11・3国会前大行動―」
 
 
 1946年11月3日に日本国憲法が公布され72年となるこの日(2018年11月3日)、国会議事堂前で、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」主催による集会が開催されました。会場には18,000名が参加(主催者発表)し、「9条変えるな!憲法いかせ!」「改憲発議を絶対止めよう!」「安倍政権打倒!」と訴えました。
 主催者を代表して、福山真劫氏(総がかり行動実行委員会共同代表)からは、「闘う態勢を作らなければ、安倍政治の暴走を止めることはできない。立憲主義を軸とする野党と市民が連帯して闘うことが必要であり、この力を全国に拡大しよう」と訴えました。
 政党からは、有田芳生参議院議員(立憲民主党)、小池晃書記局長(日本共産党)、又市征治党首(社民党)、小宮山泰子衆議院議員(国民民主党)が激励と連帯の挨拶を行い、それぞれから改憲阻止・安倍政権打倒に向けた決意を述べた。その後、連帯スピーチでは、憲法学者の清水雅彦氏(日体大教授)、小森陽一氏(東大教授)、高里鈴代氏(オール沖縄会議共同代表)、久保田竜子氏(カナダ9条の会/ブリティッシュコロンビア大学教授)、川崎哲氏(ピースボート共同代表)、濱田すみれ氏(24条を変えさせないキャンペーン代表)より連帯の挨拶がありました。
 最後に、高田健氏(総がかり行動実行委員会)より行動提起の後、「安倍政権は、来年の参議院選挙前までに国会で改憲発議を行おうとしている。私達は全力を挙げて阻止しなければならない。安倍政権の下では苦しめられている人々が増え続けており、闘う課題は山積している。総力を挙げて、安倍内閣を打倒しよう!」と訴え、終了しました。
 

集会の様子

集会の様子
 
清水 雅彦氏(日体大教授)
 
川崎 哲氏
「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」国際運営委員
※ノーベル平和賞のメダルを紹介
<<全国労働金庫労働組合連合会>> 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-11 淡路町MHアネックス3F TEL:03-3256-1015 FAX:03-3256-1045