全国労働金庫労働組合連合会は、全国の労働金庫と関連会社に働くすべての労金労働者の生活と権利の向上、暮らしの安定、労働金庫事業の発展のために活動しています。

qrcode.png
http://www.zenrokin.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
全国労働金庫労働組合連合会
〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町1-11
淡路町MHアネックス3F
TEL.03-3256-1015
FAX.03-3256-1045
594775
 

福島応援セット(第12弾)梱包作業報告

 

全労金「復興支援・福島応援セット(第12弾)」の梱包作業を実施しました!

全労金「復興支援・福島応援セット(第12弾)」の梱包作業を実施しました!
 
 2022年2月11~12日、「会津よつば農協労働組合」労組員約30名の仲間が、全労金「復興支援・福島応援セット(第12弾)」の梱包・配送を実施しました。
 新型コロナウイルス感染症感染防止対策(マスク着用・換気・手指消毒)を徹底し、3,000円セットを1,000個、5,000円セットを1,000個、合計2,000個を梱包し、全労金組織の組合員のもとへ送付いただきました。
 
 全労金は、運動方針の一番目に「震災からの復興・再生に向けた取り組み」「自然災害に関わる取り組み」を掲げています。「震災からの復興・再生に向けた取り組み」で示している「福島応援セット」は、当初、東北労組を除く13単組で「5,000円セットを1,000個」の取り組みでしたが、単組からの意見を踏まえ3,000セットを追加し、現在では、全14単組で「3,000円セットを1,000個、5,000円セットを1,000個」と取り組みが広がっています
 
 この取り組みは、「会津よつば農協労働組合」労組員のみなさんが、梱包・配送の他、業者さんからの商品の確保、全労金組織用の段ボールやチラシ作成など、労働組合活動としての展開によってはじめて実現でき、全労金の組織強化につながっています。
 
 「会津よつば農協労働組合」の小林委員長は、梱包作業を始めるにあたり、労組員の仲間の皆さんに「真心こめて、段ボールに品物をいれ、安心安全な福島の食品を届けましょう」と言われています。私たちは、この言葉や気持ちをしっかり受け取って、「福島応援セット」を取り組む意義と目的を再確認し、記憶を風化させず、全労金組織の運動として今後の取り組みを展開していきましょう。
 

梱包作業の様子

梱包作業の様子
<<全国労働金庫労働組合連合会>> 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-11 淡路町MHアネックス3F TEL:03-3256-1015 FAX:03-3256-1045