全国労働金庫労働組合連合会は、全国の労働金庫と関連会社に働くすべての労金労働者の生活と権利の向上、暮らしの安定、労働金庫事業の発展のために活動しています。

 

全労金の運動方針

 

◆第69回定期大会◆

◆第69回定期大会◆
 
   
【運動の三本柱】
 
○ 全労金組織における「運動の強化・統一・底上げ」を力強く進めるとともに、社会的労働運動の役割を発揮する。
○ 労金業態で働くすべての労働者の雇用と生活を守り、労働条件の統一をめざす。
○ 協同組合としての労働金庫事業の発展に向けて、組織風土を改革し、社会的役割を発揮する。
 
《2020年度の運動の基調》
 
◎ 震災からの復興・再生に向けた取り組みを継続することとあわせて、自然災害に関わる取り組みを展開します。
 
◎ 全労金「労働組合の行動計画」に基づき、これまでの慣習を見直す等、全労金組織における「運動の強化・統一・底上げ」を図ることで、労働組合の組織風土を改革し、組織を強化します。
 
◎ 平和で安全に安心して暮らすことができる社会を実現するため、労済労連をはじめ地域の仲間や諸団体との連携を強化し、労働組合の社会的な役割を発揮します。
 
◎ 労金業態で働くすべての労働者の安定雇用と生活改善、労働条件の底上げ・統一に取り組むとともに、誰もが健康で平等に働き続けることができる職場を実現するため、労働対策活動を強化し、職場の組織風土を改革します。
 
◎ 労使共通の認識のもと、組織風土の改革に向けた取り組みを展開するとともに、労働者自主福祉運動の発展と、「ろうきん運動」の強化に向けて、取り組みます。
 

第1節.労働組合の社会的役割を果たす取り組み
 
  1. 震災からの復興・再生に向けた取り組み
  2. 自然災害に関わる取り組み
  3. 全労金「労働組合の行動計画」の実現に向けた取り組み
  4. 男女平等参画社会の実現に向けた取り組み
  5. 仲間をひろげる取り組みの強化
  6. 広報・組合員教育の充実
  7. 連合・労福協運動への積極的な参画
  8. 協同組合運動と労働運動の役割発揮
  9. 労済労連との連携強化
  10. 社会運動・地域運動・平和運動の強化
 
第2節.雇用と生活を守る取り組み
 
  1. 安定雇用の実現
  2. 誰もが健康で平等に働き続けることができる職場風土の確立
  3. 働き方改革の実現
  4. 労使で取り組む課題への対応
  5. 公平・公正な労働条件の確立
  6. 健保組合・企業年金基金への関わり
 
第3節.労働者自主福祉運動の発展に向けた取り組み
 
  1. 組織風土改革に向けた取り組み
  2. 経営政策活動の強化
  3. 労働者自主福祉運動の発展に向けた取り組み
 
<<全国労働金庫労働組合連合会>> 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-11 淡路町MHアネックス3F TEL:03-3256-1015 FAX:03-3256-1045