全国労働金庫労働組合連合会は、全国の労働金庫と関連会社に働くすべての労金労働者の生活と権利の向上、暮らしの安定、労働金庫事業の発展のために活動しています。

 

春季生活闘争とは?

 

春季生活闘争とは?

春季生活闘争とは?
 
春闘の歴史は長いのですか?「春闘の終焉」など言われていますが、最近の闘争態勢の特徴は?
●春闘は最大の統一闘争
春闘は、日本労働運動が作り上げてきた最大の統一闘争です。出発は、1955年に合化、炭労、私鉄、紙パ、全金、化同、電機労連で組織した8単組共闘を契機にした「春季賃上げ共闘会議」が発足してからです。
発足当時は、敗戦から10年で、労働者は生活が貧しく、切実に賃上げを求めていました。他方で企業は、「生産復興」に必至で、賃上げには徹底した押さえ込みを図ってきました。だから、「闇夜を手をつないでいこう」という呼びかけが労働者の心に響き、企業を超えた全国統一闘争として春闘が発展することになったのです。
その後は、高度成長を背景に、賃上げを確実に勝ち取る春闘は日本の労働運動に深く定着し、1974年には、賃上げ33%という史上最高の妥結を勝ち取りました。しかし、二度に渡る「石油ショック」を経て突入した低成長時代のなかで、春闘は大きく転換することになりました。
とくに、「企業赤字」を前面に出した経営側の賃金抑制政策の中で、労働側は「企業内」に分断され、賃上げ自粛へと追い込まれていきました。
しかし、バブル崩壊、デフレ不況を背景にした企業間の競争が激しくなるなかで、春闘の役割が改めて問われるようになりました。
企業間競争は価格破壊競争として激化し、価格破壊→賃金・雇用破壊→消費低迷→価格破壊→賃金・雇用破壊・・・という悪循環を繰り広げ、労働者の生活を悪化させ、賃金格差の拡大傾向を強めるようになりました。特に、非正規労働者の増大と中小労働者の生活悪化が進むなかで、「格差是正」が春闘の大きな柱に据えられるようになりました。
賃金要求は、賃金水準を重視する個別賃金要求へと軸足を移し、2004春闘では初めての「中小共闘」が取り組まれました。多く論争を経て中小・地場組合の要求目安額も設定されるようになり、2006春闘では賃金カーブ維持分(定期昇給相当分)+賃金改善分を要求、さらに初めての「パート共闘」も設立し出発しました。
(労大ハンドブック 労働大学調査研究所編 「2006春闘」より抜粋)
 
春闘要求で「賃金カーブ維持分」とは、どういう意味ですか?賃金水準の引き上げとは違うのですか?
●「定期昇給維持分」とほぼ同じ
「賃金カーブの維持」とともに「賃金水準の維持」「賃金構造の維持」とか「定期昇給の確保」という言い方もされますが、これらは、基本的に同じ概念を言い表しています。
民間の多くの企業の正規雇用労働者の賃金は、年齢や勤続年数とともに賃金が上昇していく「年功型賃金」がベースになっています。年功型賃金の特徴は、雇用の出発点の若年労働者の賃金を低く抑えて、年齢の増加によって右肩上がりに賃金が上昇し、生計費を賄っていくシステムです。
年功賃金といっても、査定昇給部分があれば、全員一律に同額昇給するとは限りません。
右図は、学校を卒業した就職時点aから、定年xに向かって右肩上がりに上昇していくカーブがあります。このカーブを「賃金カーブ」と呼びます。
    春闘の歴史は長いのですか?「春闘の終焉」など言われていますが、最近の闘争態勢の特徴は?
 
 右図の例でみると、年齢30歳の人が31歳になり、金属が1年増えた場合、Aの地点からBの地点に賃金が移ります。AからBへの昇給額が定期昇給額です。「賃金カーブの維持」とは、30歳の人が31歳になるとA→Bへ、31歳の人が32歳になるとB→Cへと上方向に移動することによって、a→xのカーブの水準を維持することです。その場合に必要な原始が「賃金カーブ維持分」です。
30歳の人が31歳になったときに1年先輩が31歳のときに得ていた賃金を得るのですから、これは「賃金水準の引き上げ」(ベア:ベースアップ)ではありません。ベアは、B→B'と上のカーブに移行します。生涯賃金(axzを結ぶ三角形の面積)も変わりません。また、労務構成(平均年齢・平均勤続年数など)が不変なら、支払う賃金の原始も不変なので、カーブ「維持分」のための新たな原資の持ち出しはありません。
(労大ハンドブック 労働大学調査研究所編 「2006春闘」より抜粋)
<<全国労働金庫労働組合連合会>> 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-11 淡路町MHアネックス3F TEL:03-3256-1015 FAX:03-3256-1045